人身事故の場合には


交通事故の被害者になった場合に怪我をしていた場合には、物損ではなく人身事故になります。人身事故は物損よりもはるかに多い書類の準備が必要になります。死亡事故の場合には金額が大きくなりますので自分で行う方は稀だと思いますので割愛しますが、怪我などの障害事故の場合は、自身で示談される方も多くなっております。

交通事故証明書に書かれいてる内容は、事故状況について簡単に書かれているだけですので、より事故の状況が詳しく書かれている事故発生状況報告書、損害賠償額を正しく算出する為に必要な勤務先からの給与証明書または源泉徴収票、どのような事故でどのような診断が行われ、どのような治療が行われたのかを記す診療報酬明細書診断書、交通事故が原因でできた怪我が後遺障害としなってしまった場合には後遺障害診断書、また、交通事故によって必要になった通院にかかるタクシー代や電車賃などの領収書も必用になります。

また、事故の時に来ていた洋服や、所有していたバッグ、スマートフォン、パソコンなどが破損した場合には、それらの写真と購入した際の金額などのメモも持参するようにしてください。この他、事故にあった時から現在までの交渉内容や電話などの内容のメモなども取っておくと交渉を有利に展開する事ができます。