物損事故の場合には


交通事故の被害者になった場合には、人身事故と物損事故で必要になってくる手続きや書類が違ってきます。その為、物損事故の場合には、物損事故用の書類なり行動を起こす事が重要になってきます。

基本的に交通事故が発生した時には警察に通報します。警察への通報った段階で交通事故証明書が作成されます。警察に交通事故を通報せずに示談してしまうと、この交通事故証明書が作成されませんので、後で約束を反故されてしまう可能性がありますので、示談する場合でもしっかりと交通事故の通報を警察に連絡するようにしてください。この交通事故証明は自動車安全運転センターで発行してもらうことができますので示談交渉を行う場合には必ず事前に準備しておくようにしてください。

また交通事故証明以外にも、故障してしまった車やバイクの損害額の算定のために、現在修理を以来している修理工場から事故車の修理にかかる見積書を作成してもらい準備します。それと同時に損害状況をよりしっかりと証明する為に、事故にあった車両の全体の写真や、壊れてしまっている場所の写真を準備します。修理工場からの写真はこれが無ければ話が始まらない物ばかりですので、しっかりと準備をしてください。