交通事故被害者になったら


車対車や車対バイクなど車両同士の交通事故の場合には、事故後の損害賠償金や慰謝料などの示談交渉などは、交通事故の張本人たちが行うような事はなく、被害者と加害者が加入している保険会社の示談担当者によって示談の交渉をするようになっております。

事故の加害者の立場でしたら、専門的な知識を持っている保険会社の示談交渉担当者に任せる事で問題ありません。また、ほとんどの場合には、交通事故被害者の方は事故に合って怪我などをしていたり、仕事が忙しい場合などは、自分で話し合いを行うよりも、自分が加入している保険会社に示談交渉を任せた方が精神的にも肉体的にも楽な事は間違いありません。

しかし、加害者は問題ないのですが、被害者の立場に立ってみると、全てを保険会社に任せてしまうのは良いことばかりではありません。最近では、保険会社が合併を繰り返すなどしていて、被害者と加害者が同じ保険に加入しているようなケースも増えてきました。そのため、お互いなあなあな部分が出て来てしまい、加害者側の立場で交渉するような場合が出てきます。保険会社は保険金を支払う側ですから、少しでも払わないようにしたいと思うのは仕方がありません。

そこでこちらのページでは、仮に交通事故被害にあってしまった場合に、最低限知っておいて欲しい知識をご紹介して行きます。被害者も交通事故に関する法を学んでおくことによって、保険会社が提示している示談金について高いか安いかのを把握する事ができますので、しっかりと勉強しておくようにしてください。